新規記事を投稿  この記事にコメントをつける 

タイトル: Re:明細書claimでのparis:pct間の差
投稿者 : mejiro 
投稿時刻 : 2005年3月3日21時13分 
本文:
coralさんへ。

>特許明細書英訳でのclaim部分の形式の問題です。

特許の講習を受けておられるのでしょうか?
この世界は意外と何でもありですから私は余り気に
しませんが、請求項では
in whichは使用せず, whereinを使用します。
また米国出願の場合のメインクレームには
in whichもwherein使いません(所属していた知財部
の方針)。


親記事コメント
明細書claimでのparis:pct間の差-投稿者:coral なし

[ツリー表示] [タイトル一覧] [ お知恵拝借 ] [ホーム]
Content-type: text/html error

エラー発生


処理中に何らかのエラーが発生し作業は中止されました。

エラーの原因:

前のページに戻る   記事表示に戻る